「 Trick or Treat? 」Everyday is Happy Halloween!!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
「衣食足りて礼節を知る」 :: 2006/10/17(Tue)


という言葉があります。

脳は、意識より先に、その人が置かれた状態に応じて動いている。

と養老孟司さんが著書の中で書かれていますが、まさに今の北朝鮮をみていて恐ろしいなあと思うのも、破れかぶれになった人(国)は何をするか分からないということ。貧困生活がずっと続くのなら戦争の方が(死んだ方が)まだましだという人も多いのかもしれない。

それから日本でも“やられたらやり返して良い。やり返すのが当然だ。”というような考えや発言が、戦争を知らない世代で増えているように感じる。昨日は与党の政策責任者ともあろう者がTVで核武装発言。
こんなことを平気でいう馬鹿者には
「じゃあ、おまえが最前線で戦ってみろ」と言いたい。

戦時下でも大して何の不自由もしなかったであろう政治家の家系に生まれ育ったお坊ちゃん・お嬢ちゃん方には、そもそも庶民の苦労や痛みなんかこれっぽっちも分からないことでしょう。
だから、たとえ戦争になったとしても、自分が血を流すことなどあろう筈がないと多くの方が思っているのでしょう。

喉もと過ぎれば熱さ忘れると言いますが、戦後60年を過ぎた今、戦争を知らない私たちも、今後戦争を経験することになるのでしょうか。

今、笑っていられない危うい状況に直面しているのだということを、どれほどの人が感じているのでしょう。
場の空気を読めない人間に国という船の舵取りを任しているのは本当に危険なことです。沈みゆく船からはネズミが海に飛び込んでいくそうですが、日本という国から脱出したいと考えて居る人もいまとても多いと思います。
自分の頭で考えることをしない想像力のない人間は、船もろとも海の藻屑と消えていく。“こんなはずじゃなかった”と思ってもIt's so late.

私は、戦争で自分の愛する人たちを死なせたくありません。
だからといって、アメリカの若者(米兵)が代わりに戦ってくれれば良い? そんなわけない。
戦争がおきるのをなんとか回避しないといけない。

さて。。。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<?カトリック多治見神言修道院 | top | お誕生月>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usachiko.blog92.fc2.com/tb.php/7-b3137ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。