「 Trick or Treat? 」Everyday is Happy Halloween!!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ヒロシマ・ナガサキ :: 2011/07/09(Sat)

夏の雲は忘れない

 私の代母(Godmother)Tさんはアーティストで、エディトリアルデザインの仕事もされている方で、私が洗礼を受ける際、シスターYが「Tさんは、あなたと似たような職業の人だから話が合うんじゃないかしら」ということで代母になってもらった方である。洗礼を受ける時点での彼女との共通点は「職業」それだけだったのだが、その後話してみると不思議な偶然がいくつもあることにビックリした。一つは…パートナーの洗礼名が同じ「使徒トマス」で、かなり奇遇。そしてもう一つは…彼女は広島出身の被爆二世、私は長崎出身の被爆二世ということ。

 昨日の午前中、建立50周年を来年迎える私たちの教会の記念誌発行のための打合せがあり、Tさんと会った。打ち合わせ後、昼食を一緒にとりながら、原発事故のことや日本のこれからとか…いろんな話をした。

 被爆の話で、彼女の叔母さん(77才)は、長崎純心聖母会のシスターなのだそうだが、いま白血病で入院されており病状がよくないらしい。
 昭和20年8月6日、広島の爆心地から700mの所に家があったそうで、その叔母さんは出先からその日のうちに実家付近まで歩いて戻り家族をずっと探し回ったそうだ。
その後、体調に大した異変がなかったことや、自分が無傷で生き残ったことが申し訳ないというような気持ちもあり被爆手帳の申請を敢えてしないでいたそうだが、戦後だいぶ経ってから被爆による白血病と診断され、周囲から
「今からでも被爆者健康手帳の交付申請をした方がいい」
と勧められたそうだ。しかし、随分と時間が経過して、なんで今頃になって?と、それが認められるまでにはかなり苦労されたそうである。
 今回の原発事故でも、目には見えない放射線の影響は、何十年か経った後、身体にどういう影響を及ぼすか?どれくらい沢山の人に出るのか?とか…被災地に限らず、このまま政治空白が続くなら日本沈没だなあ。震災後のこの不況で、今日明日にでも死んでしまいそうな人が日本中ゴロゴロ居る。そういえば”一に雇用。二に雇用。”って誰か言ってたよね?あれはどうなったんだ?

Tさんと別れ、一旦帰宅し、夕方はシスターYからのお誘いで名古屋市芸術創造センターに
『女優たちによる朗読 夏の雲は忘れない ヒロシマ・ナガサキ 1945年』という講演を観に行った。

日本は、原爆に二度も遭いその恐ろしさをよーく知っている筈なのに何で???
そうか、被爆地・被爆者というのはこれまではヒロシマやナガサキだけ。日本人みんながその痛みを共有しているわけではなかったんだ。所詮、他人ごとだったんだな。そう思うと、怒りが込み上げてきた。
この国の政治屋さんたちにも、民草の痛み苦しむ声は届かないんだなあ。
もうすぐまた8月が巡ってくる。




  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<チャリ | top | 収穫>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usachiko.blog92.fc2.com/tb.php/171-fd7020d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。