「 Trick or Treat? 」Everyday is Happy Halloween!!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
生産性が落ちている :: 2011/03/18(Fri)

 自宅で仕事をしていると、仕事とプライベートの線引きが難しい。非常事態のこの1週間は特にニュースが気になって、テレビを消したくても消せない日が続き仕事が手につかない。東北の被災地のこと、原発事故、原発周辺地域にお住まいの方のこと、今後の日本経済のことなど…いろいろ考えると気が遠くなってきてしまう。国全体が集団パニックで食料・燃料の買い占めが相次いでいるために、車も重機も動かせず、物資や人の輸送、被災地の復旧作業が出来ないなんて… リーダーの不在、指示系統が出来ていない結果だ!と憤るばかりだが、どうにかならないものだろうか?

 同居人である相方は、私の専門分野とは180度かけ離れた、金属・ガラス・セラミックやら、材料工学というのが専門の研究職が本業。そのせい(おかげ?)で、池上彰先生じゃないが、頼みもしないのに、いま原子炉で一体どういうことがおこっている(と考えられる)かを、子どもでも分かるような丁寧な説明をしてくれるので、テレビで言わない怖い話、最悪のシナリオなど…私は毎日聞かされ怖くなっている。
 必死に放水して原発を冷そうとしている光景が何とも原始的でもどかしく、私には”無駄な悪あがき”に思えてならない。それよりも福島県の方を早く西日本に移住させ、原発をコンクリートか何かで、どうにか封じ込めてしまうほかないんじゃなかろうか?
それから、もうひとつ気になるのは、原発周辺地域から方々へ避難される人たちが、今後、避難した先の土地で謂れ無き差別を受けるかもしれないという懸念。かつて広島・長崎の人たちが東京や大阪などで「(原爆症が)うつる!」などと言われ、就職・結婚の際に酷い差別を受けた60数年前と同じ様に…。原発を誘致する際にはたぶん街が潤うなど美味しい話も沢山あったのだろうと思うが、その結果、こんな大災害になってしまった。かと言って、今それを責めてもどうにもならないが…
本当に、どうして人間はこんなに愚かなのだろう。

 そういえば小学生の頃、社会の教科書で ”オイルショック”のとき、トイレットペーパーなどの買い占めがおこった。という話を知った私は、家に帰って
「ねえ、オイルショックの時って、うちもトイレットペーパー買い占めたと?」
と親に訊いたら
「…そんな卑しいこと、 うちはしません!!!」
と叱られた。ただ訊いてみただけなのに、そんな怖い顔で怒らなくてもいいだろうに(-_-)と、子供ながら理不尽に思ったが、今にしてみると自分の両親がそういう人で良かったと思う。
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<イタリア語で祈る | top | なんだかな~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usachiko.blog92.fc2.com/tb.php/153-164feb2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。