「 Trick or Treat? 」Everyday is Happy Halloween!!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
日曜の午後のお茶会 :: 2010/12/27(Mon)

お茶会

今年は、曜日の配列の都合でクリスマスイヴの金曜日から日曜日まで3日連続でおミサ。
有り難いことではあるけど、ちょっと忙しかった(^^;

昨日26日は降誕祭(クリスマス)後の最初の日曜日で、聖家族の祝日です。
午後からはカノッサ修道会のお茶会に招かれていたので、いそいそと出かけた。
ほかに誰が来るのかな?と思っていたら、
招かれていたのは私とThomasのほか T夫妻だけで、シスター方5人と一緒にアットホームなパーティーだった。

カノッサ修道会は本拠地がイタリアなので、毎年イタリアからパネトーネが届くらしく、今まで見たこともないくらい大きなパネトーネをシスターYが9等分に切り分けると、シスター達は

「こっちが大きい~」

「え~!私のは小さいよ。。。」

「もっと同じくらいに切ってよ」

シスターYは
「9つに分けるのは難しいのよ~」

と、みんなまるで子どもの様にキャッキャと はしゃいでいた。
それぞれ自分の好きなのを選んで、歌を唄ってからみんなで美味しくいただいた。
やっぱり本場のは違う! フカフカで香りも良い~
パネトーネのあとは美味しいエスプレッソもいただいた。

その後、

「Tさん、今年のクリスマス会はありがとうございました。
 来年はどういう企画をたてましょうかねぇ?
 ところでThomasさん、usachikoさん、今日、なぜ呼ばれたか分かるわよね~?」

「え!まさか来年は手伝えと?」

「そうよ~。お願いしますね!ウフフ^^」

ということで、美味しい餌で私とThomasは釣られたらしい。
今年は、宣教150周年を迎えたこのカノッサ修道会の記念行事の準備をとおして、このT夫妻と知りあえたこと。ここでイタリア語を学ばせてもらう機会を与えていただいたこと。など、たくさんの恵みをいただいた。

「家族みたい!楽しいね!」

とTさんの奥さんが言った。
本当にそう思う。シスターのことをイタリア語では「Madre(マードレ)」と呼ぶ。
因みに神父様のことは「Padre(パードレ)」英語では「Father」
長崎出身の私と関東人のThomasにとって、ここ名古屋で、いつも気にかけてくれているカノッサのシスター方は本当に頼もしい信頼出来るお母さんなのだ。
だから…お母さんからの頼まれごとは、なかなか断れないのだ。
だけど、賑やかで温かい楽しいひとときだった。
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<うさぎ年 | top | クリスマスおめでとうございます!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usachiko.blog92.fc2.com/tb.php/139-a8917d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。