「 Trick or Treat? 」Everyday is Happy Halloween!!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
本当か? :: 2010/10/27(Wed)

先日、”日本一暑い街”に住むネイリストの友人Tのところへ行った。
ネイルをやってもらった後、Tが

「このまえさぁ~石好きの友達に連れられて、近くに出来た怪しい ぱわーすとーん屋に行ったんやてー。
 お店の人がさあ、カードとオーリングテストで、
 ”あなたに必要な石はこれです”って選んでくれるんだけど…
 私さぁ ”イライラしてるあなたに”って、こういう石だったんだよ~
 あんまり好みじゃない石だったんだけど、イライラっていうのは当たってた!^^;
 usachikoも行ってみたくない?
 怪しいんだけどさ、ブレスレット作ってもらって1000円ちょっとだったし、
 これで気休めになれば まあいいかって感じ♪」

と言った。私は数カ月前にかかった歯医者さんのことを思い出し

「出たよ オーリングっ! 怪しいよねえ^^」

とか言いつつ、冷やかし半分、面白そうなので連れて行ってもらった。
そこは、ギャラリー風の小さな白い建物で、中に入ると、色とりどりの石のブレスレットやピアス、ストラップなどが並んでおり、狭い店内は先客が何人かいて結構混んでいた。
しばらく商品を物色していると、先客が帰り、店員さんが声をかけてきた。

「お探ししましょうか?」

先ずカードを好きなだけ切って、その中から1枚を引いた。
それは紫色のカードだった。

「紫色~ブルーをベースに、お好きな石を幾つか選んでください。」

言われるとおり、5個くらい選んで店員さんに渡すと

「では、いま選んだものの中から、あなたに一番合うものをお選びします。
 左手に一つ石を握っていただいて、右の親指と中指でオーリングを作ってください。
 私がそれを引っ張りますので、指が開かないように力を入れてくださいね。」

オーリングテストを石の数だけ繰り返し、最終的に選ばれた石は ブルーレース・アゲート だった。

「この石が教えてくれていることは…
 今、あなたは人間関係で大変疲れていらっしゃる様です。
 一旦 嫌なことは全部忘れて、安心してゆっくり心を休めてください。」

あながち外れてはいなかった。
なので、その石でピアスを作ってもらうことにした。
するとTがニコニコ笑って店長らしき人と話している。

「…このお店のことを話したら、行ってみたい!って、
 この人(usachiko)、今日わざわざ名古屋から来たんですぅ~」

すると

「まあ~そうですかぁ! では特別価格、500円で良いですよ。
 わざわざ来ていただいて、どうもありがとうございます。」

だって。(- -;)T 恐るべし!!!
まったくー  値切るのが本当に上手いなあ~
石の効能は…う~ん、実感はありませんが、とりあえず啓示は素直に聞いておいたほうが良さそうです。

ところで、
この友人Tというのは、私が造形短大に通っていた2年間、寮で一緒に暮らしたルームメイトである。
だからもう かれこれ 20数年の付き合いになる。
寮と言っても、ただ公団住宅の1棟を学校が女子寮として持っていただけなので
2LDKの部屋を2人でシェアし、食事などは全て自炊。
最初は、適当に割り当てられた部屋の同居人にすぎなかったが、
普通の寮生活と比べ、協力しあったり譲りあったりしなきゃいけないことが多かったせいか
寮生たちは、友人というより家族に近い信頼関係を築くことになった。

Tも含め、友人たちとの付き合いを振り返ると、時には意見が合わず激しく衝突したり、
一時的に気まずい関係になったりすることも幾度もあったが
その都度、お互いに腹を割って話し合ったし、
反省するときはお互いに素直に自分の非を認め、謝り、関係を修復してきた。
それは何故かと言うと、かけがえの無い大事な友達だからに他ならない。
裏返せば、それが出来ないようなら、そもそも親しい人間関係など先ず築けないだろう。

それと、これを言ったらおしまい という言葉は口が裂けても言わないこと。
自分が吐いた言葉は、どんなに後悔しても ”なかったこと” として消すことはできない。
そして、天に向かって唾を吐けば、それはやがて必ず自分に返ってくるということを忘れてはならない。

私には幸い、お互いの腹の探り合いなど無用の、気心の知れた友人達が沢山いる。
あんた親戚の叔母さんか? というような 耳の痛い忠告をしてくれる友人にも感謝しないといけない。
皆さん ありがとう~

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<20年間ご苦労さま! | top | つなごう>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usachiko.blog92.fc2.com/tb.php/125-cb9f97a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。